気を付けよう

工事をする際の注意点

窓ガラスをコーティングする時の注意点の一つ目は、金属などがついているタイプや油膜取りが出来ないタイプは、コーティングには、向いていないので、工事をする事が出来ません。二つ目は、工事中の湿度が重要になり、70パーセント以上の湿度があると、窓ガラスに結露が出来てコーティングの膜が白くにごってしまいます。三つ目は、工事中は部屋中にシンナーのようなツーンとした匂いが充満しますので、十分な換気が必要になります。窓ガラスをコーティングする事により、生活する上で快適になる物もあります。注意する点をしっかりと押さえておく事で、失敗のしない工事を行う事が出来ます。

窓ガラスをコーティングするメリット

ガラスコーティングは、窓ガラスに塗る事によって被膜層を形成します。窓ガラスをコーティングする事によって、太陽の光を部屋の中に入れて、お肌のシミやシワの原因となる紫外線や暑さの原因となる赤外線をカットしてくれます。そのため、室内の温度が快適に感じる温度に保たれて、夏には暑さを冬には寒さと結露をカットしてくれるので、エアコンの省エネにも有効に利用できます。また、春頃から出てくる蛾やカメムシには、紫外線に寄ってくる特徴があります。しかしこれらのコーティングをする事によって、これらの虫も寄ってこなくなります。またコーティングをする事によって、ガラスが強化され傷がつきにくくなり、10年以上使用出来ます。